ED治療薬おすすめする訳@ED治療を教えます

EDについて

EDについて

EDは多くの男性が悩んでいる病気だといわれています。少しでも性生活に不満があるのなら積極的に治療することで改善することも十分にできます。

 

勃起障害のことをEDと言います。男性機能障害の一つで、性交時に十分に機能が発動しない、または機能を十分に維持できないために満足な性交を行うことができない状態を指します。

 

自分自身でマスターベーションを行うことができる人でも、もしも妻やパートナーとの性交時に十分に勃起することができないのなら、それはEDだといえます。

 

日本のED患者数は予備軍を含めると1300万人いるとも言われています。この数字にはたまに調子が悪い時に勃起することができない人も含まれています。

 

本人も性生活のパートナーにも、もう人生の中で性行為を行う気持ちがないのなら、治療をする必要はないと考えるかもしれませんが、実はEDの症状は命にかかわるような病気のサインであることもあるのです。

 

脳梗塞や心筋梗塞は、突然死を迎える代表的な病気です。これらの病気のメカニズムとEDとは共通の部分があるのです。それは血管の血流に関する病気だと言う点です。実際に、脳梗塞や心筋梗塞でなくなられる方の中には、EDの症状を持っていたという方が少なくないのです。

EDの主な症状

EDの主な症状

下半身の機能が衰えてきても、自分自身をEDだと認めたがらない男性はとても多いです。EDの主の症状としては以下のものが挙げられます。

 

勃起しても持続することが難しい。
挿入までできるけれども途中で萎えてしまう。
性欲はあるけれども全く勃起することができない
勃起しても十分な硬さを得ることができない。

 

このようなことに当てはまる症状として、EDを認めたがらない男性が使う言い訳は、

 

性行為はできないけれども勃起することはできる
マスターベーションなら勃起も射精もできる
勃起することができ挿入もできる、ただ持続することができないだけ

 

などがあります。このような症状や言い訳に心あたりがある人は、EDであるといえます。男性はどうしても自分の下半身が病気であるとは認めたがりたくないものです。それは自分自身が男でなくなるような気がするからでしょう。

 

しかし、たとえ勃起することができても、充分に持続することができなかったり、挿入することができない硬さしかないのなら、それは十分すぎる程EDであるのです。

 

勃起することができないケースや、硬さが不十分、勃起が持続できないなど、満足に性行為を行えない場合はどれもEDと認識される症状です。

 

今では、海外からのED治療薬を簡単に購入できる個人輸入の制度も確立しているので、早期治療を進めることで、症状を改善できる可能性があります。

EDは病気であると認識しよう

EDは病気であると認識しよう

これまで勃起不全などは病気としてとらえられることがありませんでした。そのためにEDについては誤解を持っている男性も少なくありません。しかし医学的にはEDはれっきとして病気であるとされています。この認識を持つようにしましょう。

 

満足な性行為が行えないことをEDと言います。Erectile Dysfunctiionと言います。全く勃起できない状態の人だけをEDと呼ぶのではなく、勃起することができるけれども途中でダメになったり、硬さが不十分な人もEDに当てはまります。

 

日本では4回性行為を試してみて、1度でも成功することができればEDではないとしていましたが、この定義は世界基準で見るととてもゆるいものです。海外では回数に関係なく、一度でもそのような事態になればEDだと診断されます。

 

勃起が不十分で満足に性行為を行うことができなければEDだと認識されるのです。かつてはインポテンツという病名で呼ばれていましたが、この言葉には患者のこころを気付つける響きがあるということから、使われないようになってきています。その代わりの名刺としてEDが登場しました。

 

日本では不能と言う名士がインポテンスに当たるようです。そのために日本にあった勃起不全のために機関名も日本インポテンス学会から日本性機能学会に名前を変えています。