ED治療薬おすすめする訳@ED治療を教えます

ED患者の数

ED患者の数

下半身が言うことを聞かないと嘆いている人はとてもたくさんいます。日本では最近までED・勃起障害についてはあまり語られることがない問題でした。しかし、泌尿器科の医師から言わせると、昔からあるありふれた病気であることがわかります。

 

男性は性行為を行う気持ち・性欲はあるのに、どうも体が言うことを聞かずにうまくいかない。こんな悩みを持っている男性は考えている以上にたくさんいるようです。

 

充分な勃起を行うことができなかったり、勃起状態を維持することができないために、性行為を満足に行うことができない状態をEDと言いますが、この症状悩んでいる男性でも、なかなか人の相談することができないでいます。そのためにED患者の数が把握しにくいのが現状です。

 

年代別にED患者数を調べてみると、高齢になればなるほどEDの症状を感じている人は増えているようです。日本人男性の40代で20%。50代で40%。60代では半数の方がEDの症状を自覚しているといわれています。30代から70代の男性の平均を調べてみると30%もの男性がそれにあたります。

 

総数を算出すると、日本人男性の1300万人ほどがEDであるといえ、これは高血圧症患者数とほぼ同じ数字だといえます。それほど日本人男性にとってEDとは、身近な病気であるといえるのです。

 

しかし、それでもEDの治療のために何か行っているかというアンケート調査の結果では約1割程度の男性しか対処をしていないようです。EDの症状を感じている男性の中でも3人に2人は症状を放置しているといわれています。